復縁をするならどれくらいの期間をあけるべき?早すぎると失敗するって本当?

復縁をしたいと考えている人は多いと思いますが、

「どのタイミングで復縁を切り出したらいいのかな?」

など、復縁をする期間について悩んでしまう人も多いです。

 

復縁をするためには、期間やタイミングというのが非常に大事になり、これについての正しい知識がないと、復縁が失敗に終わってしまう可能性があります。

そこでこの記事では、復縁にはどれくらいの期間をあければいいのかということについて、詳しく解説していきます。

 

なぜ復縁に期間をあける必要があるの?

では、まずなぜ復縁をする時に期間を開ける必要があるのかということです。

一番は、お互いの気持ちを一度冷却する必要があるからです。

というのも、別れるということは、お互いに、

「もう一緒にはいられない」

と思っていることが多く、そのような心理状態になってしまっていると、もう一度戻ろうという気持ちになることができないからです。

 

そのため、一度冷却期間を設けて、お互いに冷静になる必要があります。

そうすることで、

「やっぱりもう一度仲直りしたいな」

「やっぱりあの人じゃなきゃだめだな」

と感じることができます。

 

場合によっては、自分は復縁をしたいのに、相手にはそのつもりがない場合もあります。

しかし、冷却期間をある程度長めに設けることで、相手も復縁をしたいと思ってくれる場合があるのです。

 

とはいえ、冷却期間に明確な基準はなく、それぞれのカップルや別れた原因によって様々です。

例えば、喧嘩別れをした場合には、お互いの気持ちが冷静になるまで待てば、心変わりする可能性が高いため、比較的短い期間で問題ありません。

しかし、価値観の違いや、すれ違いなどで別れた場合には、お互いに、

「そもそも自分達は相性が合わなかった」

と思っていることが多いため、比較的長い冷却期間が必要となるのです。

 

そのため、まずは自分達がどのような理由で別れたのか、相手は別れたことをどう思っているのかを慎重に確認し、適切な冷却期間を見極める必要があるのです。

 

復縁の冷却期間を見極めるということは、思っているよりも簡単ではありません。

早すぎても断られてしまいますし、遅すぎても相手に気持ちがなくなってしまう可能性があります。

 

ただ、冷却期間には、ある程度目安もあります。

その期間とは、大体3か月程です。

 

3か月程冷却期間を設ければ、喧嘩別れをしてしまった場合でも、お互い冷静になることができ、相手に対する謝罪や復縁をしたいと思う場合があります。

また、価値観の違いやすれ違いで別れた場合でも、3か月経てば、相手の存在の大きさに気づくことができ、復縁できる可能性を高められる場合もあるのです。

 

冷却期間の平均は3か月ですが、場合によっては1年程の冷却期間が必要になる場合もあります。

それは、既に復縁の経験がある場合です。

つまり、今回の別れが初めてではなく、既に一度復縁している場合です。

 

このような場合は、すぐに復縁を提案してしまうと、

「何度も同じことを繰り返している」

「復縁をしても状態は変わらない」

と思われてしまう場合があるため、比較的長い冷却期間を設けることが大事になるのです。

 

中には、

「1年も待てない」

と思う人がいるかもしれませんが、焦って復縁をしようとしても逆効果になってしまう可能性が高く、

「もう二度と会いたくない」

「嫌い」

と思われてしまう場合もあります。

 

そうなってしまうと、ほぼ間違いなく復縁は難しくなりますので、気持ちをグッと抑えて我慢をするということも大事になってきます。

 

先ほど喧嘩別れの場合は、冷却期間を短めに取っても良いと解説しましたが、具体的には数週間から1か月程度がおすすめです。

衝動的な喧嘩をしているのであれば、尚更冷却期間は短めに取るべきです。

 

なぜなら、喧嘩別れの後、何の音沙汰もないと、お互いの気持ちが冷めてしまう可能性があるからです。

喧嘩別れをすると、どうしてもお互いのプライドがあるため、謝ろうと思っても中々連絡を取れなくなってしまうこともあります。

その状態がずるずると続いてしまうと、相手に新しい恋人、好きな人ができてしまう可能性もありますので、できるだけ早めに謝ることが大切になってきます。

 

とはいえ、別れた次の日に復縁を申し込むというのは、少しやりすぎです。

喧嘩をした場合は、相手も感情が高ぶっていますので、そのような状態の人に何を言っても無駄になってしまうでしょう。

 

そのため、しばらくそっとしておいて、相手の気持ちが収まったころに復縁を提案することが大事になるのです。

 

冷却期間を設けるデメリットはある?

では、冷却期間を設けるデメリットはあるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

まずは相手に新しい恋人や好きな人ができてしまう可能性があるということです。

冷却期間が長ければ長いほど、相手の気持ちも冷静になりますので、復縁できる可能性は上がります。

 

一方で、その冷却期間の間に新しい好きな人や恋人ができてしまうと、元カレ、元カノに対する気持ちは限りなく0になってしまう場合があるのです。

このような状態になってしまった場合は、少なからず相手が新しい恋人と別れるまでは復縁が難しいと考えておきましょう。

 

無理に奪い取ろうとすると、敬遠されてしまったり、嫌われてしまったりする可能性もあります。

 

そして先ほども解説しましたが、相手の気持ちが冷めてしまう可能性もあります。

冷却期間で、相手が謝罪の気持ちや大切さなどを感じることができれば、復縁の可能性を高めることができるのですが、自分に対する気持ちがなくなってしまえば、復縁ができる可能性は低くなってしまいます。

 

少しでも復縁の可能性を上げたいならどうするべき?

では、復縁の可能性を上げたい場合は、一体どうするべきなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

まずは自分磨きをすることが大切です。

自分磨きをすることで、より相手に魅力をアピールしたり、変わった姿をアピールしたりすることができるため、相手が自発的に復縁を提案してくる可能性を高めることができるのです。

 

そして、一旦復縁のことや相手のことは忘れて、他のことに熱中してみることもおすすめです。

そうすることで、ポジティブな自分になることができ、本当に復縁をする意味があるのかということも確かめることができます。

復縁や相手のことを一旦忘れるということは、簡単ではないかもしれませんが、それをすることで復縁できる可能性を上げられる場合もありますので、努力してみましょう。

 

冷却期間中は、一切連絡を取らないことをおすすめします。

自分から送るのもNGですし、相手から連絡が来た場合でも、返信をしてはいけません。

そうすることで、お互いの大切さや失った物の大きさを実感することができ、復縁をしたいという相手の気持ちをより強めることができる場合もあります。

 

まとめ

復縁をするためには、3か月ほどの冷却期間を設けることが大事です。

とはいえ、別れた原因などによって冷却期間は異なります。

喧嘩別れなら比較的早めに、価値観やすれ違いで別れた場合にはできるだけ長めに冷却期間を設けることで、復縁ができる可能性を高めることができるでしょう。

 

また、復縁を成功させるためには、期間だけでなく自分磨きや連絡のメリハリ、気分転換なども大事になってきます。

復縁というのは、1から恋愛をスタートするよりも難しくなる場合がありますので、入念に準備をして行動することをおすすめします。



Area
地域一覧

「北海道・東北」地方
 北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
「関東」地方
 茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京/神奈川
甲信越・北陸」地方
 山梨/長野/新潟/富山/石川/福井
「東海」地方
 静岡/愛知/岐阜/三重
「関西・近畿」地方
 滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山
「中国」地方
 岡山/広島/鳥取/島根/山口
四国」地方
 徳島/香川/愛媛/高知
九州」地方
 福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島
「沖縄」地方
 沖縄



Credit Card
ご利用可能なクレジットカード


当事務所への料金のお支払い方法にはクレジットカードがご利用いただけます。

ご利用いただけるお取り扱いクレジットカードは
VIZAMasterJCBAMEXに限ります。



Contact
ご相談・お問い合わせ

無料相談・365日24時間対応

☎︎ お電話でのお問い合わせ

✉️ メールでのお問い合わせ

皆様にお気軽にお問い合わせを戴けるように、LINE@を始めました!
個別トークに対応しておりますので、メールよりお気軽にご連絡戴けるようになります。
もちろんメールフォームからのお問い合わせも引き続きご利用戴けますのでどちらからでもお気軽にお問い合わせください。



Company
会社概要

恋愛総合探偵社 LSP
〒107-0061 東京都港区北青山2-7-20 猪瀬ビル

詳細はこちら