デートがマンネリ化してきたときの対処法とは やっぱり会う頻度を低めるべき!?

交際期間が長いカップルは、デートがマンネリ化してしまいがちです。しかし、そんな「デートのマンネリ化」を、対処することは可能ですよ。つまり、付き合いが長いカップルであっても、新鮮なデートをすることができるのです。

 

 何らかの対処をしないと、デートのマンネリ化は加速する

 


デートのマンネリ化から脱却したいと思うのなら、何らかの対処をしなければいけません。

何らかの対処をすることで、デートの時間が貴重に感じられるようになり、結果としてマンネリ化から抜け出せるかもしれないのです。

 反対に、何も対処しないでいると、デートのマンネリ化は加速するかもしれません。仮に、マンネリ化が加速してしまったら、最悪の場合は別れることになりますよ。

 

 

デートのマンネリ化=飽きている証拠

 

 デートのマンネリ化を感じるということは、「デートに飽きてきている証拠」だと言えます。

やはり、飽きていることを続けようとしても、いずれ止めてしまうかもしれませんね。つまり、デートのマンネリ化を感じているのにも関わらず、「今までのようなデート」を続けてしまうと、いずれ別れてしまうかもしれないのです。特に、カップルの2人ともがマンネリ化を感じている場合は、そうなる可能性が高くなるでしょう。

 だからこそ、デートのマンネリ化を感じているのなら、何らかの対処をしてゆかなければいけないのです。

 

 

会う頻度を低めてみる

 

 デートがマンネリ化しているのなら、会う頻度を低めてみてもいいでしょう。やはり、会う頻度を低めれば、「一緒にいる時間」が少なくなりますからね。そのため、お互いのことを新鮮に思うようになり、マンネリ化から抜けられるかもしれませんよ。

 特に、「相手の存在に嫌気がさすときがある」と感じられるのなら、会う頻度を低めることをオススメします。

 

 

会う頻度を低めると、1回のデートが新鮮になる

 

 会う頻度が低くなれば、一緒にいる時間が少なくなるため、「デートするときの喜び」が増すかもしれません。

例えば、毎週会える友達よりも、年に1度しか会えない友達と会うときのほうが、「遊ぶときの喜び」が増しますよね。

 カップルのデートにおいても、同じことが言えます。やはり、会う頻度が低ければ、それだけ「デートするときの喜び」が増すものです。

「デートするときの喜び」が大きいほど、2人の時間は新鮮なものになるでしょう。それこそ、付き合いたての頃のような、新鮮な時間を過ごせるかもしれません。

このように、会う頻度を低めるというのは、デートがマンネリ化しているときの対処法としては素晴らしいのです。

 

 

大胆に会う頻度を低めるべき

 

 会う頻度を少しだけ低くしても、「デートするときの喜び」はあまり増しません。やはり、大胆なくらいに会う頻度を低めなければ、「デートするときの喜び」は増さないのです。

 例えば、「4週間に4回のデートをするカップル」が、「4週間に3回のデート」に減らしても、あまり意味はないわけですね。一方で、「4週間に2回のデート」に減らした場合、デートの頻度が半分になるため、マンネリ化の対処法になるはずです。

 このように、「会う回数が少なくなったな」と実感できるくらい、大胆に会う頻度を低めるべきなのです。

 

 

デートの時間を短くするのもアリ

 


デートの時間を短くするということは、「一緒の時間」が少なくなるわけですね。やはり、「一緒の時間」が少なくなることで、2人の時間が新鮮になり、デートのマンネリ化から脱却できるかもしれません。

ぜひ、「いつもと比べると物足りないな」と感じるくらいに、デートの時間を短くしてみましょう。

 

 

デートの時間を短くしても、1回のデートが新鮮になる

 

 いつものような長いデートですと、ダラダラと過ごしがちです。一方で、デートの時間を短くすれば、「ダラダラとしたデート」にはならないでしょう。おそらく、限られた時間の中でデートをするわけですから、濃い時間を過ごせるはずです。ひいては、1回のデートが新鮮になり、「デートのマンネリ化」から抜け出せるかもしれないわけですね。

 

 

デートの時間は、普段の半分くらいにしてみよう

 

 デートの時間を、いつもの半分くらいにすると、物足りなさを実感できるはずです。そして、この物足りなさが、デートを新鮮に感じさせて、マンネリ化を防ぐことができるかもしれないのです。例えば、普段6時間ほどデートをするカップルなら、3時間ほどのデートに留めるわけですね。

確かに、「デートの時間が半分なんて少なすぎるよ」なんて、思えてしまうかもしれません。しかし、マンネリ化を解消するためには、それくらいの荒療治はすべきなのです。

 

 

いつもと違う場所に行ってみるのもいい

 


デートでいつもと違う場所に行けば、新鮮さを感じて、マンネリ化から抜けられるかもしれません。

 マンネリ化から抜けたいものの、「デートの頻度や時間はいつも通りがいい」と思う人もいるでしょう。そのような人でも、デートでいつもと違う場所に行けば、マンネリ化の対処法になるかもしれないわけです。

 

 

同じような場所に行っていると、マンネリ化しやすい

 

 交際期間が長くなってくると、デートで同じような場所に行きがちです。しかし、これではデートに飽きてしまい、マンネリ化してしまう可能性が高まりますね。

やはり、新鮮なデートを続けるためには、ときには「いつもと違う場所」に行くことも大切なのです。

 

 

いつもと違う場所に行って、新鮮なデートにしよう

 

 「デートで楽しめる場所」は、かなりたくさんあるものです。だからこそ、次のデートは計画を練って、いつもとは違う場所に行ってみませんか。

きっと、いつもとは違う場所に行けば、いつもよりも充実したデートになり、相手の大切さを再認識できますよ。

 

 

「普段は行かないスポット」に行ってみよう

 

 例えば、美術館や博物館など、普段は室内系のデートスポットによく行くとします。この場合、公園や散歩なんかは、「普段は行かないスポット」になるでしょう。

 このように、「普段は行かないスポット」に行けば、相手の大切さと、新鮮さを感じられますよ。

 

 

アウトドアを楽しんでみる

 

 「素人でもできるアウトドア」は、たくさんありますよ。例えば、低山ハイキングなんかは、比較的体力がなくても、楽しむことができるでしょう。このように、デートを通して、アウトドアを楽しんでみてはどうでしょうか。

 また、普段のデートで電車移動が多いカップルなんかは、ドライブをするだけでも、新鮮さなどを感じられるものですよ。

 

 

普段は行かないような飲食店に行く

 

 付き合いが長くなると、行く飲食店なんかもマンネリ化するものです。ここは、思い切って、普段は行かないような飲食店で、食事をしてみませんか。

確かに、普段は行かないような飲食店で食事をするのは、少々緊張するかもしれません。しかし、そんな程よい緊張感が、「付き合いたて」の頃を思い出させてくれて、新鮮なデートにつながるかもしれないのです。

 

 

まとめ

 


デートがマンネリ化してきたときの対処法について、提案してゆきました。やはり、会う頻度を低めたり、デートの時間を短くするのが、有効な手段だと言えるでしょう。また、デートにおいて、いつもと違う場所に行くと、新鮮さが感じられるため、マンネリ化から脱却できるかもしれません。

 カップルによるマンネリ化は、ときには別れに発展します。だからこそ、マンネリ化を感じたら、そこから抜け出せるように、対処法を練ってゆきたいのです



Area
地域一覧

「北海道・東北」地方
 北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
「関東」地方
 茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京/神奈川
甲信越・北陸」地方
 山梨/長野/新潟/富山/石川/福井
「東海」地方
 静岡/愛知/岐阜/三重
「関西・近畿」地方
 滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山
「中国」地方
 岡山/広島/鳥取/島根/山口
四国」地方
 徳島/香川/愛媛/高知
九州」地方
 福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島
「沖縄」地方
 沖縄



Credit Card
ご利用可能なクレジットカード


当事務所への料金のお支払い方法にはクレジットカードがご利用いただけます。

ご利用いただけるお取り扱いクレジットカードは
VIZAMasterJCBAMEXに限ります。



Contact
ご相談・お問い合わせ

無料相談・365日24時間対応

☎︎ お電話でのお問い合わせ

✉️ メールでのお問い合わせ

皆様にお気軽にお問い合わせを戴けるように、LINE@を始めました!
個別トークに対応しておりますので、メールよりお気軽にご連絡戴けるようになります。
もちろんメールフォームからのお問い合わせも引き続きご利用戴けますのでどちらからでもお気軽にお問い合わせください。



Company
会社概要

恋愛総合探偵社 LSP
〒107-0061 東京都港区北青山2-7-20 猪瀬ビル

詳細はこちら